山野草

2018年8月 1日 (水)

レンゲショウマを探して

Dsc_0892_2


日本の滝百選、米子大幕布を取り巻く四阿山系の大カルデラに

レンゲショウマが咲くと聞き、探しに行って来ました。

昨年も探しに行って、それらしき蕾は見つかったのですが、

花の時期もあり叶いませんでした。

Dsc_0886_2


レンゲショウマの分布は、太平洋側の温帯域とされていて、

近年は地元の観光協会や鉄道などのPRで人気が急上昇していますが、

奥多摩の御岳山が有名ですね。

長野県では、浅間山系の周辺で、鼻曲山に分布している事が知られています。



実際にあるのかは半信半疑でしたが、昨年見つけた蕾を頼りに探し、

歩き回って、念願の山野草レンゲショウマに逢う事が出来ました。

Dsc_0882


花言葉は「伝統美」

感動!

そして癒されました。

1533030571439_1

現在の気温は37度!

米子大幕布の駐車場に着くと、そこは快適で気温も25度でしたが、

先日の台風の影響があった様で、歩道には無数の栃の実が落ちてい、

4~5メートルほどの木の枝が散乱していました。

Dsc_0834

山道でお会いしたのは、単独の2名と子供連れのご家族1組だけでしたが、

山道脇に咲く山野草の花を愛でながら、いい時間を過ごすことが出来ました。

Dsc_0840

ヤマアジサイは清楚な雰囲気があっていいですね・・

Dsc_83851


華やかな「シキンカラマツ」

Dsc_0856

滝の下でお昼、快適なひと時を過ごしてきました。

そして、夜は熱帯夜・・・

今朝の最低気温は25度、日中は36度の予報です。


にほんブログ村


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

水芭蕉が咲いていました。

Dsc_0212


早くも水芭蕉が咲いていました!

ここは長野市の飯網高原にある大谷地湿原、

付近には残雪も見られ、気温も里とはまったく違います。

Dsc_0203


長野市民の山、飯縄山の麓にある湿原には水芭蕉の他

キンリュウカなども開花していて、遅い春を窺わせます

Dsc_0202

桜が開花するのは少し先、5月に入ってからになるでしょう?

水芭蕉の見頃は5月になってからです。

  ↓ ↓ (^_-)-☆

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

デトックス効果&アンチエイジング効果

1521600736340


デトックス効果

デトックス、WIKでは体内から毒素や老廃物を取り除く事と言います。

アンチエイジング効果

広辞林では「抗老化」、健康用語です。



春先のフキノトウやワラビ、ウドなどの山菜などは灰汁(アク)があり、

苦みがありますね。

1521600129184

これらはデトックス効果やアンチエイジング効果が期待できますので、

程々に取り除いて食すのが良いといいます。

デトックスは山菜ばかりでなく、リンゴやレモンの果物や

ゴボウや玉ネギ、菜の花やコンニャクなども効果があるそうです。

果実を水に浸けて作るフルーツウオーターは、水に溶け出やすい

食物繊維のペクチン、ビタミンC、カリウムなどが含まれるリンゴなど

最高のデトックスパワーが期待できます。

RIZAPの管理栄養士によると、痩せるときに最適な食べ物は

「アジ」と「山菜」だと言います。

今日は彼岸の中日、「暑さ寒さも彼岸まで」とは言いますが、

日本各地で冷え込み、太平洋側っでも雪が降っています。

長野には大雪注意報が発令されていますが、これは中南信の

松本や飯田方面の予報で、こんな時は北では降りません。

中央道では事故多発、鹿島槍ヶ岳などで山岳遭難も起きています。



お墓参りの途中、道端に車を止めて山菜狩り

10分ほどでザルいっぱいのフキノトウが採れました。

フキ味噌を造りましょう!



抗老化医学という言葉があります。

山菜を食べて若返り、健康的に痩せてパワーアップしましょう!


にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

レンゲショウマを探して

Dsc_8356

轟音をたてて、高さ75メートルを流れ落ちる権現滝

日本の滝100選にも選ばれている米子大瀑布、四阿山を源流とする権現滝(男滝)

根子岳が源流の、落差85メートルの不動滝(女滝)から成る夫婦滝です。

Dsc_8372

                                右側が不動滝

Dsc_8345

山の上は霧、滝つぼ付近は飛沫で寒いくらいでした。

レンゲショウマに話を戻しましょう。

情報のあった第三ベンチ付近を捜索するも、結局は見つけられませんでした。

諦めてパワースポットの米子不動尊にお参りし、周回ルートを進むと

オッ!

やい~~っ!!

こ、これは・・・

Dsc_8352

正しくレンゲショウマの蕾ではないか!

驚きました。

Dsc_8364

この花に夢中になっていた方は湘南ナンバーの方、この花の名は

「タマガワホトトギス」だと教えていただきました。

Dsc_8385

こんな綺麗な花も!

名前が判りませんでしたが、Facebookの友から「シキンカラマツ」だと

教えていただきました。

Dsc_8384

タカネナデシコ

Dsc_8387

ヤナギラン

Dsc_8388

キキョウと虫、足元にはヘビ!

Dsc_8390

カワミドリ

Dsc_8402_2

白樺林の中はヤマアジサイの花で埋め尽くされていました。



葉月、緑濃く、足元には花

   この地は涼しくて別世界です。

Dsc_8422Dsc_84231501651863632

駐車場には4台の車、湘南、福岡、新潟、大阪ナンバーでした。

午前十時、未だ気温は18℃でした。

道路沿いでは、桃が収穫期を迎えていました。

Dsc_8424

Dsc_8426


美味しそうですhappy01

思わずとっちゃった!

写真にですけど、何か?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

レンゲショウマを探して四阿山のカルデラへ

Dsc_00121

東京の御岳山、鼻曲山に咲くというレンゲショウマ

北信州にもあるのではと聞き、探しに行きました。



難敵は落石、蛇、クマ・・・

前回は目の前の茂みが大きく動いてビックリ!

カモシカでした。



昨年ブログ仲間の「てくてくねこさん」からの情報でレンゲショウマを見たよ! 

行ってみましたが、開花の時期のタイミングが合わず、見つける事は叶いませんでした。

今年こそはとリベンジに燃えて出撃です!

須坂市から米子大瀑布へつづく林道へ向かいます。

Dsc_8311_2

林道は約12キロ、歩いたら3時間くらいですね。

1501651832912_2

突然目の前に現れたのは大きな落石!

あぶね~~!

駐車場到着はAM7時、既に湘南ナンバーの車が駐車していました。

Dsc_8312_2

今日のルートは川沿いに歩き、第三ベンチを中心にレンゲショウマを探しながら

米子大瀑布に向かい、展望台をぐるっと周回するコースです。

約2時間のトレッキングコースです。

標高は最高地点で1480ⅿ、 気温は16度と快適でした。

Dsc_8322_2

川沿いの道を進みます。

快適ですが、お~いレンゲショウマ君~

1501651895448

クマ除けの鐘をカ~~~ン

Dsc_8334


メルヘン、おとぎの国に来てしまいました。lovely

しかし、レンゲショウマは見当たりません・・・

そこは執念でもあり、リベンジ!

アッ!!!!   あった!

                つづく

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

不要になったアウトドア用品を高価買取

こんなサイトがあったんですね!

登山用品を1円でも高く売りたい人必見!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

ヤマボウシ(山法師)

Dsc_8054

ヤマボウシはミズキ科の落葉高木です。

ハナミズキなどの同類ですが、ヤマボウシは2ヵ月遅れの今が満開

長期間に亘って花を楽しむ事が出来ます。

ヤマボウシは日本原産ですが、ハナミズキはアメリカからの外来種、

里山に多く見られますが、庭の植木にもなっていますね。

Dsc_8060


名前の由来ですが、

Dsc_8058

花は球形の部分で、4枚の白い部分は総苞といい葉に近いものだそうです。

この丸い蕾の様な花を僧侶の頭に、白い4枚を頭巾に見立てて

     比叡山延暦寺の「山法師」だと言います。

国営放送の天気予報士は、暑い季節だから山帽子とか??

この花の花言葉は「友情」

真っ白で純粋、まるで私の様です。smile

Dsc_00041

秋になるとこの様な実が付きます。

上田市の独鈷山、千曲市の冠着山などの登山道脇には

トロピカルフルーツの様な真っ赤な実は、熟しきらないうちに収穫

もちろん食べても美味しいですし、果実酒などにもいいでしょう。

我が家の庭木も二階の窓まで届きそう・・・

秋には沢山の実をつけそうです。

今になって言い訳してるけど、ヤベ君終わったねってハナちゃんが

隣の猫ですけど、家庭内はしっかりまとめてるsmile

勝ってる!


にほんブログ村

| | コメント (13)

2017年5月10日 (水)

鈴蘭水仙

Dsc_7305

昨年河川敷から、我が家の庭にお引越し

この花の名前は「鈴蘭水仙」

スズランとスイセン?

彼岸花科、スノーフレーク属、ギリシャ語で「夏のすみれ」と言い、

地中海沿岸が原産地といいます。

05010103b1


これは鈴蘭

鈴蘭は君影草(きみかげそう)とか、谷間の姫百合とか

Dsc_7011

水仙は雪中花とも言われます。

やはり歩いていると、いろいろ発見がありますね!


にほんブログ村

|

2017年4月27日 (木)

この花は私です

Dsc_7370


この花は私です

やっと綺麗に咲いたのです

そんな歌がありましたね。

Dsc_7364

イチリンソウ

花言葉は追憶

遥か昔、地上を眺めていた星が眠くなり

地上に落ちて花となったと言われています。

上向きに咲くその姿は、宇宙を思い出している様な・・・

ロマンチックですね♡

Dsc_7335


仲良きことは美しき哉

Dsc_7329


時にはこんな日も・・・

今が見ごろ、満開です。

最後の「スプリングエフェメラル」

花が終わると、夏までは太陽からパワーを吸収し来年の春を待ちます。

健気な私と同じですね。happy01


にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

里山の清流に

Dsc_7106

雪融けに咲く

この花も妖精の様です。lovely

名前は「ハナネコノメソウ」(花猫の目草)

Dsc_7118

初めてのご対面です。

清流の苔の中に、小さな花を咲かせていました。

Dsc_7104

花の大きさは2~3ミリくらいでしょうか?

1メートル離たら、その存在には誰も気が付かないと思います。

Dsc_7112

マクロレンズで迫りますが、そこは一級の老眼・・・

絞りを開放し過ぎかな?

などとは後の祭りで、失敗作ばかりがい~っぱい

知識も技術も無く、眼鏡も無い私にはとても難しいです。

Dsc_7119

絶滅が危惧されている山野草、イチリンソウやセリバオーレン、

ユキワリソウ、そしてハナネコノメソウです。

広い信州でも「ここにしか無い」希少な山野草ばかりです。

ブログ仲間に教えていただき、近年は沢山の花に逢えました。

感謝です。m(__)m


にほんブログ村

| | コメント (10)