山野草

2017年6月19日 (月)

ヤマボウシ(山法師)

Dsc_8054

ヤマボウシはミズキ科の落葉高木です。

ハナミズキなどの同類ですが、ヤマボウシは2ヵ月遅れの今が満開

長期間に亘って花を楽しむ事が出来ます。

ヤマボウシは日本原産ですが、ハナミズキはアメリカからの外来種、

里山に多く見られますが、庭の植木にもなっていますね。

Dsc_8060


名前の由来ですが、

Dsc_8058

花は球形の部分で、4枚の白い部分は総苞といい葉に近いものだそうです。

この丸い蕾の様な花を僧侶の頭に、白い4枚を頭巾に見立てて

     比叡山延暦寺の「山法師」だと言います。

国営放送の天気予報士は、暑い季節だから山帽子とか??

この花の花言葉は「友情」

真っ白で純粋、まるで私の様です。smile

Dsc_00041

秋になるとこの様な実が付きます。

上田市の独鈷山、千曲市の冠着山などの登山道脇には

トロピカルフルーツの様な真っ赤な実は、熟しきらないうちに収穫

もちろん食べても美味しいですし、果実酒などにもいいでしょう。

我が家の庭木も二階の窓まで届きそう・・・

秋には沢山の実をつけそうです。

今になって言い訳してるけど、ヤベ君終わったねってハナちゃんが

隣の猫ですけど、家庭内はしっかりまとめてるsmile

勝ってる!


にほんブログ村

| | コメント (13)

2017年5月10日 (水)

鈴蘭水仙

Dsc_7305

昨年河川敷から、我が家の庭にお引越し

この花の名前は「鈴蘭水仙」

スズランとスイセン?

彼岸花科、スノーフレーク属、ギリシャ語で「夏のすみれ」と言い、

地中海沿岸が原産地といいます。

05010103b1


これは鈴蘭

鈴蘭は君影草(きみかげそう)とか、谷間の姫百合とか

Dsc_7011

水仙は雪中花とも言われます。

やはり歩いていると、いろいろ発見がありますね!


にほんブログ村

|

2017年4月27日 (木)

この花は私です

Dsc_7370


この花は私です

やっと綺麗に咲いたのです

そんな歌がありましたね。

Dsc_7364

イチリンソウ

花言葉は追憶

遥か昔、地上を眺めていた星が眠くなり

地上に落ちて花となったと言われています。

上向きに咲くその姿は、宇宙を思い出している様な・・・

ロマンチックですね♡

Dsc_7335


仲良きことは美しき哉

Dsc_7329


時にはこんな日も・・・

今が見ごろ、満開です。

最後の「スプリングエフェメラル」

花が終わると、夏までは太陽からパワーを吸収し来年の春を待ちます。

健気な私と同じですね。happy01


にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

里山の清流に

Dsc_7106

雪融けに咲く

この花も妖精の様です。lovely

名前は「ハナネコノメソウ」(花猫の目草)

Dsc_7118

初めてのご対面です。

清流の苔の中に、小さな花を咲かせていました。

Dsc_7104

花の大きさは2~3ミリくらいでしょうか?

1メートル離たら、その存在には誰も気が付かないと思います。

Dsc_7112

マクロレンズで迫りますが、そこは一級の老眼・・・

絞りを開放し過ぎかな?

などとは後の祭りで、失敗作ばかりがい~っぱい

知識も技術も無く、眼鏡も無い私にはとても難しいです。

Dsc_7119

絶滅が危惧されている山野草、イチリンソウやセリバオーレン、

ユキワリソウ、そしてハナネコノメソウです。

広い信州でも「ここにしか無い」希少な山野草ばかりです。

ブログ仲間に教えていただき、近年は沢山の花に逢えました。

感謝です。m(__)m


にほんブログ村

| | コメント (10)