書籍・雑誌

2017年8月 2日 (水)

藤沢周平、山本一力、池波正太郎

1500374531669


人間というやつ、

遊びながらはたらく

生き物なのさ。

善事をおこないつつ、

知らぬうちに

悪事をやってのける。

悪事をはたらきつつ

知らず識らず善事をたのしむ。

これが人間だわさ。。

鬼の平蔵 火付盗賊改、長谷川平蔵の「遊び心」は、

もちろん、池波正太郎の美学なのであろう。

1499255828595


池波正太郎を読んで、影響を受けたのが藤沢周平であり、山本一力でした。

そのせいか藤沢、山本の小説は主役ばかりではなく、登場人物それぞれが

個性的であり、魅力があります。

最近は池波正太郎、藤沢周平、山本一力をほとんど読み尽くし、

今は平岩弓枝などを読んでいますが、何か物足りなさは否めません。

赤ひげ診療譚を読んで、山本周五郎にははまりそうな予感が?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2017年6月18日 (日)

「好きなこと」だけして生きていく。

1497055528654_3

ガマンが人生を閉じ込める。

やりたくない事をやめることから、始めよう!

著者は、心理カウンセラーの心屋仁之助さん

まぁ そういう生き方もあるでしょうね・・・

京セラの稲盛和夫さんの著書「生き方」は、78歳で日本航空を再建

会社更生法から2年で2000億円もの利益を出すV字回復するなど、

注目され100万部も売れた本です。

私が購入した頃は30万部と書いてありますね。

1497159332149_3



人間として一番大切なこと、そう言っていますが、

「生き方」は個人の生き方のみならず、企業や国家、

文明や人類全体までを視野に入れているといいます。

何故なら、それらは一人ひとりの人間の集合体だからだと・・

KDDIや京セラを創業した偉大な経営者ですが、

「365日、24時間、死ぬまで働け」

ブラック企業大賞を受賞した、ワタミとは違いますが、

家庭を考える様では、京セラの幹部は務まらないとは社内の声

今で言う「ブラック企業」の祖かもしれません?

1497055552171_2

松原泰道さんの著書で、この本にも生き方が

道標としての心経、

足るを知る精神などが書かれています。

十人十色、百人百色ですが、先人の生き方も参考にして

豊かな人生を生きたいものです。


にほんブログ村

|