« 冬タイヤから夏タイヤへ | トップページ | お花見遠征に異常気象の洗礼 »

2018年4月 3日 (火)

急激に進むAIは人間を超えるか?

1522473712856

                      写真は犬型ロボットaibo

ハウステンボスのホテルはロボットを大量に導入し、経費を3分の1以下に!

関西空港では掃除ロボット。

最近は回転寿司、ラーメン店などでお客様の受付をする

そんなロボットを見かけませんか?

まあ家庭でも掃除機が勝手に動き回っていますが・・・

先日届いた以前勤務していた会社の機関誌

付録に可愛いシールが!

1522473684646

AIとは、「人がつくった知的なもの」と言う意味ですが、

人によって定義や解釈は違って、コンピューターによる自動処理、

対話できる機械、機械学習を用いたもの、など様々な解釈があります。

ソニーが安曇野の工場でVAIOやアイボを製造して話題になったのは、

19年も前の事で、販売を中止してから12年を経ています。

初代アイボは15万台も販売されました。

そして今回の新型アイボはAIで「愛らしさを生み出す」といいます。

愛情を注いで、頻繁に構ってくれる人に懐いて成長し、飼い主の顔を見て

ワンワン、ク~ンなどと泣いたり、お手などもします。

海外でも人気で、生産が間に合わないといいます。

人気といえば、

便利さという眼で見ると、私が注目しているのは翻訳機、もはや通訳機!

手のひらに収まるサイズで、「こんにちは」と言うと即座に「ハロー」と返ってきます。

相手が自国語で話しても、日本語の音声で聞くことができます。




すでに一部の空港で販売されています。

長文の翻訳も可能で、世界63言語に対応しているといいますので、

中国語や英語など話せなくても、もう大丈夫ですよ。


にほんブログ村

|

« 冬タイヤから夏タイヤへ | トップページ | お花見遠征に異常気象の洗礼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マーチャン、こんばんは

ターネーターは人気でしたが、又続編が出来る様です。
私たちは鉄腕アトムや鉄人28号から、一気にAIロボットで
多少戸惑いがありますが、世の中は更にスピードを増して
そんな世界に突き進んでいる様です。

投稿: | 2018年4月 4日 (水) 20時45分

マイペースさん、こんばんは

アイボは対話し、理解して更にグレードアップしてご主人に仕えました。
ですから、最後はお葬式までして・・・
善し悪しは別ですが、時代は更にスピードアップししていくでしょうね。
息子さんも時代の先端を歩んでいる様ですね。

投稿: | 2018年4月 4日 (水) 20時40分

安曇野さん、こんばんは

鉄人28号や鉄腕アトムを見てきた世代には、あまり抵抗はありませんが
実際に目の当たりにすると、唯々驚きくばかりです。
日進月歩善し悪しは別として、時代はスピードアップしていますね。

投稿: | 2018年4月 4日 (水) 20時34分

アメリカ映画に・・・ロボットに支配されて人間が苦労する。
そんな 映画がありましたね~。
シュワルツェネッガーがロボットになっていました。
そんな時代に近ずいているのでしょうか?。
飛躍すれば・・・いつか人類は地球以外の星に移住なんて事も!!!。
映画や小説の世界が身近になっていくようですね~。

投稿: マーチャン | 2018年4月 4日 (水) 07時25分

こんばんは
AIってそういう意味だったんですか!ありがとうございます
テレビの音楽番組でアイボくんがたくさん出てあるアーティストの曲に合わせて振り付けを踊ってるのを見ました。
専門スタッフがアイボ君に教えこみそれが見事に成功してものすごく可愛かったです。
孫が通うことになったお稽古の中に「ロボット科」というのがありました。ビックリしました。

翻訳機は便利そうですね!!
息子が都内で外国人から道を聞かれるとスマホの翻訳アプリで説明するそうですよ
自分が英語で苦労しなくてもスマホ画面の英文を見せれば相手はワオ~!と納得するそうです
私も単語調べるのに便利でアプリダウンロードしています

投稿: マイペース | 2018年4月 3日 (火) 22時04分

岳さん、こんばんは。

AIにいろいろな知能を習得させればやがては人間は
支配される時代が来るかもしれませんね。

中国では至るとこにAIを組み込んだ監視カメラを配置し
共産党国らしく国民を監視しています。
日本も憲法を変え?そんな方向に向かっている今の政権ですかね。

投稿: 安曇野 | 2018年4月 3日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急激に進むAIは人間を超えるか?:

« 冬タイヤから夏タイヤへ | トップページ | お花見遠征に異常気象の洗礼 »