2018年4月20日 (金)

飯縄山4月

Dsc_0237

長野市民の山、飯縄山1917mにも春が来た!

とは言え、山頂に雪が無いのは南斜面だけで、飯縄神社のある峰から

山頂までの稜線にはたっぷりの雪、多い所では2m以上の残雪がありました。

Dsc_0242_2


晴天が続き暖かいとの予報、週末はかなりの登山者で賑わうと思います。

山腹にミツバツツジやヤマザクラが咲き、木々が芽を出すのはまだ先の事

山頂の雪が消えるのはかなり先の事でしょう。

昨年は5月に登りましたが、残雪の多い時期を狙って前倒しです



暖かいとは言え登山口の気温は5度、耳は冷たく痛いほどです。

冬期用のニット帽で耳をガード、落葉の登山道をひたすら登り、

霜柱を踏みしめながら高度を稼ぎます。

標高1700m位から残雪がありましたが、踏み跡があり問題ありません。

森林限界を抜けると、春霞の上に出て展望が開けます。

Dsc_0214

中央が針ノ木岳、雪はかなり多そうです。

Dsc_0219

双耳鋒の鹿島槍ヶ岳、南鋒は北鋒の後ろに隠れていますが、    🔝

今年日本で4番目の氷河に認定された、カクネ里雪渓が見えています

Dsc_0215

五竜岳山頂の下に武田菱です。

Dsc_0221


上り詰めると、昨年改築された飯縄神社奥宮

Dsc_0228


絶景です!

1524127619808


昨年5月にここ飯縄山に登ってから、足の故障もありほとんど歩いていない

そんな足は悲鳴を上げていました。

  ↓ ↓ (^_-)-☆

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

| | コメント (13) | トラックバック (0)

«ヤマザクラの里